公開シンポジウムのご案内

◕公開シンポジウム「ようこその取り組みの意義と今後の課題」

 2016年4月にNPO法人学生支援ハウスようこそは児童養護施設等を巣立ち、進学した学生たちを支援するシェアハウスによる活動を開始いたしました。多くの支援者の方たちに支えられ、私たちNPO法人の活動は1年を迎えようとしています。そこで、今回「ようこその取り組みの意義と今後の課題」と題したシンポジウムを開催することにしました。

 シンポジウムでは、児童養護施設等出身の若者支援を行う自立援助ホームの取り組み、実際に児童養護施設で暮らし、進学・就職した方、そして当NPOの理事長をシンポジストとして、社会的養護を必要として育った若者たちの支援について考えます。
 みなさまのご来場をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

 

日時:2017年3月18日(土) 15:30~17:00 (15時開場)
場所:YRイベントホール (養老乃瀧研修センター)
   東京都豊島区西池袋1-10-15 養老乃瀧池袋ビル5階
   JR・東武東上・西武池袋・有楽町・丸の内など池袋駅南口を出てすぐ
   http://www.yrehall.com/

 

「ようこその取り組みの意義と今後の課題」

シンポジスト:恒松 大輔氏(全国自立援助ホーム協議会事務局長、あすなろ荘ホーム長)
       社会的養護の利用経験者の方
       庄司 洋子(学生支援ハウスようこそ理事長) 
コーディネーター:山本 正晃(学生支援ハウスようこそ理事、救世軍機恵子寮施設長)

 

申込み:share@npoyokoso.comまで、お名前、所属/お立場、連絡先を明記の上、お申し込み下さい。   
    (当日参加もできますが、資料準備の都合から事前の申し込みをお願い申し上げます)
問合せ:Tel. 070-4207-8843 
    (火曜日12:00~16:00。その他の曜日は留守電メッセージをお残し下さい)
    Mail. share@npoyokoso.com 
定員:100名

★終了後、懇親会を予定しています(会費4000円)

「ようこその取り組みと今後の課題」シンポジウム・チラシ
2017.03シンポ チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 178.0 KB

NHK歳末たすけあい・東京都共同募金会 配分贈呈式のご報告

◆ご寄付をいただきました
このたび「学生支援ハウスようこそ」はNHK歳末たすけあい・東京都共同募金会の配分金の交付を受けることとなりました。

「NHK歳末たすけあい」事業は、NHKと中央共同募金会、都道府県共同募金会が共催でおこなっている、たすけあい運動です。

NHK歳末たすけあいhttp://www.nhk.or.jp/event/tasukeai/

赤い羽根共同募金https://www.akaihane.or.jp/date/date08.html

今回交付いただく配分金(寄付金)は、老朽化し傷みが激しい、ハウスの浴室、通路の改修工事、上下水道の配管工事に活用させていただきます。ご支援に厚くお礼申し上げます。

 

謝辞を述べる庄司理事長
謝辞を述べる庄司理事長

◆テレビで取り上げられました!
2016年12月9日には、ハウスのリビングにて配分贈呈式が開催されました。NHK、東京都共同募金会、中央共同募金会の役員の皆様が応援のメッセージをお寄せくださり、「ようこそ」からは理事長の庄司洋子が感謝の気持ちをお伝えしました。

配分贈呈式の様子は、当日のNHK総合「シブ5時」のなかでも放映されました。下記のサイトからも視聴いただけますので、ぜひご覧ください。

NHK歳末たすけあい 学生共同住宅の改修費贈呈
https://www.youtube.com/watch?v=d6n-pNeHq0g

なお、事業の概要は下記の通りです。

事業名称: 学生支援ハウス環境整備事業
使用目的: ハウス入口通路改修工事、上下水道配管工事、浴室改修工事
事業総額: 3,311,745円
配分金額: 2,480,000円

ご支援に心から感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

 

「ようこそ」設立記念・活動報告会のご報告

 

2016年7月9日に「ようこそ」設立記念・活動報告会を開催いたしました。当日は足元が悪いなか、80名を超える方々の参加がありました。お越しいただいた皆様、応援メッセージをお寄せくださった皆様に厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

多くの参加者の皆様の姿に強く励まされるとともに、あらためて施設出身学生への支援がもつ社会的意義を実感しました。

児童養護施設に暮らす子どもたち、そこから巣立つ若者たちの人生の応援ができるよう、私どもも微力ながらシェアハウスの運営とモデル化に力を尽くしていきたいと考えています。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

学生支援ハウスの運営

学生シェアハウス、2016年4月オープン!

 

◕児童養護施設出身者のためのシェアハウスの設立

 私たちは、児童養護施設から高校に通うなど厳しい状況におかれながらも、大学・短大・専門学校等に進学する道を選択した学生たちのために、NPO法人を設立して小さなシェアハウスを運営しています。「ようこそ」という気持で彼らを迎え、生活を支援しつつ彼らの卒業までを見守り、彼らの将来の自立の手伝いをしたいと思います。2016年4月にシェアハウスがオープンし、学生の生活がはじまりました。

 

◕「ようこそ」の声かけとともに

 いかなる家庭状況にあろうとも、自分で立てた学びの目標を達成できるように、学生一人一人を心から応援したい、その気持ちを表したのが、NPO法人名の「ようこそ」です。そんな出会いを創りたいと、私たちは願っているのです。

 

◕気持ちのよい住まいと心のこもった食事

 シェアハウスの運営で大切にしたいことは、気持ちのよい住まい、そして、あたたかい心のこもった食事と語らいのある暮らしです。あなたもそんなハウスをともに創るなかまになってくださいませんか。この計画の実現のために、私たちは多くのなかまの力を必要としています。

 

◕2016年4月、開設

 「ようこそ」では、オープンに向けて、民家のリフォームを進め、学生の入居のための準備に取り組んできました。そして、2016年4月から、入居する学生の暮らしがスタートしました。みなさんのご支援を心からお願い申し上げます。

 

私たちは学生とともに

コミュニティのなかの暮らしをつくります

 

いっしょに若者の未来を語り合いませんか

私たちにできることを

探してみませんか